読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのギークマム

ギークなママと子どもは最高の相棒!

”まったり癒しカフェ” で絵本「くもくん / いとう ひろし」

 七条大宮の「キッチンNagomi」さんで
月一回開催されていた
「親子でまったり癒しカフェ」にて

「くもくん」を読みました。

くもくん (いとうひろしの本)

くもくん (いとうひろしの本)

 

 

先週の金曜日。
前日まで雨が続いて寒かったのに
急に季節が、春を飛ばして初夏が来たみたいに
爽やかな青空。お出かけ日和。
はいはいの赤ちゃんも半袖のTシャツ。
「きのうは長袖だったんだけど~(*^_^*)」とママ。

古い町屋の2階は南側に窓。
フローリングの広間にたっぷり日差しが入って明るい。
面している七条通りは
道幅広いのに交通量も多くなく
昔ながらの下町の懐かしさが漂っていて
のんびりした のどかな空気。

親子で好きな時間に上がって
アロママッサージやオーラソーマの癒しケアを受けたり
手芸のワークショップや音楽会もするし
この時は布ナプキンの講座もあった。
絵本を眺めたり
1階のカフェからランチを運んでもらって食べたり
気兼ねなく小さい子を連れてこれて
家にいるみたいに、まったりくつろげるサロン。

その昼下がりに 
絵本「くもくん」.

 

自分で選んで持ってきといてなんだけど
あまりにも
ぴったりでした。


冬の間は忘れていた 
半袖Tシャツの涼しさとか 
吹き抜ける風の気持ち良さが再びやってきた 
お天気の日に 一冊の絵本で
青い空にぽっかり浮かぶ白い雲を眺める気持ちを
思い出す。


どんなかたちにもなれる こどものくもくんは
無邪気に へんしんして あそぶ。
それから おおきな おおきな うまになって
大空を 駆ける。


くもくんが 上空で 
大気をはらんで かたちをかえて 
気流にのって  空に浮かんでいるとき

わたしたちも 絵本を通して みんなで一緒に 
青空をたっぷり呼吸して
雲の国にいた。

 

赤ちゃんも大人も みんながじぃっと
わたしが掲げている「くもくん」の絵本に
見入っているのを感じていたから
ページをめくりながら わたしも
青い空と 雲と 風を 味わった。

絵本の読み聞かせは
その場のシチュエーションもコミだわね~!っと
よく思うけど

まったり癒しカフェで「くもくん」を読んだ
あの日あの時あの場所の
皆さんと共有したピースフルネスって
格別だった。

あの時が、とっても気持ちいい季節の始まりだった。
わたしの今年の夏は
「くもくん」で もう始まった。

*   *   *   *   *

大好きなこのイベント。しばらくお休みになります。

キッチンNagomi さんは 
1階のカフェは、日替わり出店というユニークなスタイル。
「まったり癒しカフェ」ではいつも金曜日出店の
「琥と竜(ことりゅう)」さんのランチをいただいていました。
自家製天然酵母パンをはじめとして凝り性オーナーさんのセンスと技が
凝縮した食べると充実感120%のクセになる味。
梅小路公園京都水族館にお出かけのときには是非お立ち寄りされることを
おすすめいたします!